忍者ブログ

花は桜木、男は公務員!

「退かぬ! 媚びぬ!省みぬ!」超崖っぷち『大学中退&短期職歴&高齢』3度目の公務員試験挑戦日記

2017.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

模擬面接

いよいよ迫って来た市役所B日程2次試験!
ということで、本日は模擬面接を受けて来ました。模擬面接といっても、公務員学校でして貰えるような本格的なものではなく、ジョブカフェの就職相談を利用しました。小生の行ったジョブカフェでは、就職の為の個人面談なるものをしておりまして、それを利用したのであります。
面談の際に「実は公務員試験を受けておりまして、何とか筆記試験を受かったので、面接に向けての心構えだとか模擬面接をして欲しい」ということをお願いして面談スタート。
まずは面接の心構えということで、企業に対するアンケートによると『最初の3分で得た印象は面接後も変わらなかったのが9割』とか言葉以外の重要性(姿勢・視線・身振り手振り)といったことを話して、いよいよ模擬面接スタート。
面:「今日はどういった経路で来ましたか?」

いきなり用意していない質問に面食らいます。

小:「自宅が○○の近くでして、そこからスクーターで国道○○線を通ってこちらまで参りました」


面:「そうですか、それでは自己紹介をして下さい」

ここでまたしてもパニック発生。志望動機や自己PRなら考えてましたが、自己紹介?!小生が学生なら名前と年齢、大学と学部を言えばいいのですが、無職の小生のアビリティはニート。仕方がないので氏名と年齢、今春までアルバイトをしていて現在は公務員試験に向けて勉強中と回答。


ここからは基本的にオーソドックスな質問ばかり。
面:「これまでに困難だと思ったことは?」
面:「最近の新聞で気になった記事は?」
面:「志望動機を教えて下さい」
面:「将来はどのような人になりたいですか?」
面:「採用されたらどんな業務に就きたいですか?」
等など。

小生が用意してなかった質問としては
面:「長所と短所を2つずつ言って下さい」
面:「特技を教えて下さい」

長所と短所は1つずつしか用意してなかったので、他の質問用のやつを無理矢理流用。特技は「特技ではないかもしれませんが~」といった感じで切り抜けました。

そして模擬面接終了後に総評。
良かった点
1.質問に対してズレた答えを返していない。
2.面接カードから受ける印象と実際に面接して受けた印象に大きな違いがない。

悪かった点
1.視線が泳ぐ。
2.瞬きが多い。
3.笑顔が少ない。
4.質問に対する答えのボリュームが多すぎるかも。

良かった点に関しては、問答集を事前に作っていたのでその範囲の質問については対応できているということ。
問題は悪い点。見た目の印象が悪いと、幾ら答えが良くても差し引きゼロになってしまうので要改善。特に2に関しては学生時代にも言われたことがあり、どうやら緊張すると無意識に瞬きが増えるらしい。自分では気付いてないだけに質が悪い。
4に関しては「質問に対して、結論→具体例→結論となっているのはいいが、逆にそれで完結してしまって面接官が質問を膨らませ難いかもしれないとのこと。
要は「○○についてどう思うか?」→「××だと思います」→「どのようなところが××だと思うのか?」→「△△な点です」→「ではそれを改善するにはどうすればよいと思うか?」
といった感じに展開し辛いとのこと。
この辺りは空気を読んでやるしかないらしい。面接官が野球のボールを投げて来たのに、ソフトボールやバスケットボールを投げ返さないようにということらしい。

取りあえず、質問に対する答えに問題はないみたいなので、如何に見た目の印象を高めるかが本番に向けてのポイントになりそう。
筆記の点を面接で挽回するのは、かなり難しいかもしれないけど、やれることだけはやって面接官に「筆記はギリギリだったけど、こいつとなら一緒に働いてみたいなぁ」と思わせるようにしたいです。
PR
*COMMENT-コメント-
▽練習することに意味があります
練習は避難訓練のようなもので、本番にその通りできないこともあります。
しかし、練習しておくと、しない場合と比べて腹が据わり、落ち着いて本番に望めます。
△きょうちゃんGOGOさんへ
そうですね、いかに練習を本番として捉えることが出来るかだと思います。
最後まで足掻いて、開き直って本番に挑みたいと思っています。
▽本番の面接も頑張ってください!
模擬面接、なかなかいい感じじゃないですか~。
その勢いで受ければきっと大丈夫ですよ。でも、最初の3分で印象が決まるというのは確かだと
思います。人間である以上、先入観は避けられませんから。

一つ、「質問に対する答えのボリュームが多すぎるかも。」とのことですが、僕はそれくらいでもいいと思います。軽めにいって突っ込まれないケースもありますし、正直、面接の内容に対してはそこまで面接官は興味をもたないと思うからです。しっかり説明できている、流れに違和感がなければ問題ないと思います。僕は民間時代からそのスタイルですし。

本番で実力を発揮できるようお祈りしてますね!
△HO-TAさんへ
お褒めの言葉、ありがとうございます。
本番で緊張するなってのは無理な話ですから、緊張状態の中で最高の自分をアピールしたいと思います。
何事も最初が肝心、ですよね!
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
  •                                 
  • スパム対策の為コメントは管理人が承認するまで表示されません。
 
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
■カウンター
■プロフィール
HN:
アキト
性別:
男性
自己紹介:
大学中退→専門進学→卒業→就職→1年で退社のダメコンボ炸裂人生を送る。
その後はフリーターだったりニートだったりして、現在に至る。
伸るか反るか、超崖っぷち高齢受験者の生き様、とくとご覧あれ!
■試験結果
1年目(2005年)
市役所B日程:1次敗退

2年目(2006年)
市役所B日程:1次突破→2次敗退

3年目(2007年)
国大法人:1次突破→
A大学:面接敗退
B大学:面接敗退
国Ⅱ:1次敗退
地上A日程:1次突破→2次突破
最終合格!
市役所B日程:1次突破→2次突破
最終合格!
市役所C日程:1次辞退
■最新記事
■最新コメント
[04/17 公務員試験ガイド管理人じん]
[06/16 buno]
[09/01 iikaa]
[03/10 匿名]
[03/04 iikaa]
■バーコード
■ブログ内検索