忍者ブログ

花は桜木、男は公務員!

「退かぬ! 媚びぬ!省みぬ!」超崖っぷち『大学中退&短期職歴&高齢』3度目の公務員試験挑戦日記

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

成績開示

本日は休みを貰って、県庁と市役所の成績開示に行って来ました。
来月からまたガソリンが値上がりするらしいので、遠出は今のうちに済ませとこうと思いまして。

最初に行ったのは県庁。
人事委員会の事務局で氏名と受験番号・受験職種に身分証明書提示で開示して貰えました。
開示の結果
1次:中位合格
2次:下位合格
でした。

続いて市役所へ。
こちらは人事課で氏名と受験番号・受験職種だけで開示して貰えました。身分証明書等による本人確認無しとは個人情報保護法とかに引っかかるんじゃないだろうか?
そして開示の結果
1次:上位合格
2次:中位合格
となってました。

やはり独学では面接対策に限界があるのか、面接で順位を下げてしまっています。面接対策=自己分析だと思うのですが、自分自身を客観的に見つめるというのは難しい作業なので、その点第三者の視点からアドバイスを貰える公務員専門学校は有利なのかも。

とりあえず成績開示をして貰いましたが、まだどちらを選択するかは決めていません。どういった点にやりがいを見出すかで、小生に合った選択が出来るようにもう少し考えてみようと思います。
PR

市役所B日程@3年目 2次試験結果

2次試験から約10日、遂に小生にとって公務員試験最後となる合否通知が到着しました。
しかし、この時点でテンション急降下。というのも、届いた封筒(長形3号)が2次試験の際に自分で住所を書いた封筒だったからです。
実は、1次試験でも同じように封筒に住所を書いたのですが、実際に届いた合格通知はA4サイズ(角形2号)の封筒に入っていました。おそらく、1次合格通知と面接カードを折らないように配慮したのでしょう。
しかし今回届いたのは、自分で住所を書いた長形3号の封筒。厚さも去年と変わらないような気がします。少なくとも地上の時とは大違い。
「こりゃダメだ」
思わずそう呟くも、念の為ハサミで慎重に開封。
「年齢制限ギリギリだったし、面接対策本にも落とす人には面接官は優しく接するって書いてあったからその通りだったなぁ。でも今年は地上に受かったし、これも運命だと思って来春から頑張ろう」
そんな言葉が脳内を駆け巡るも、やはり僅かな希望を胸に内容物を引っ張りだしました。

あれ?クリップで留めてある。
ってことは何枚か入ってるの?
普通、不合格の場合は不合格通知が1枚入ってるだけのはず。去年の市役所や今年の国大法人もそうだったし。
これってもしかして・・・






市役所B日程最終合格キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


3年目、そして最後の挑戦にしてようやく、本当にようやく桜咲きました。
内容物の2枚の内、1枚は合格通知でもう1枚は意向確認書でした。
市役所の2次は地上よりも倍率が高かったので、正直期待できないなという気持ちと、面接で得たそれなりの手応えとで、この結果待ちの期間は期待と不安の入り混じった心境の中で過ごしていました。
それが合格通知を見た瞬間、安堵へと変わりました。

3年間という時間は掛かりましたが、小生の受験生活はハッピーエンドに終わりそうです。
応援して下さった皆さん、ありがとうございました。

市役所B日程@3年目 2次試験

ついにこの日がやって来ました。
思い起こせば、小生が公務員を目指したのはこの市で働きたいがため。
一昨年は筆記で、昨年は面接で散ったB日程。
足掛け3年に渡った公務員試験の最後を飾るには、相応しい舞台ではないでしょうか。

試験会場に集合時間の15分前に着いたのですが、思ったより受験生が少ない。もしかして今年は筆記重視だったのかと思いきや、「1次合格者を予定より多く出したので、2日間に分けてやることになった」とのこと。
実際には去年より倍率が上がってました。

さて肝心の面接ですが、去年と同じ15分×2回で面接室Ⅰは民間の面接委員、Ⅱは市長以下市の幹部による面接という構成。
小生は去年と同じくⅠから受けることに。

Ⅰでは圧迫というか、わざとこちらを困らせてその対応を見るという感じでした。
例えば
・「クレーマーが来たらどうする?」→「○○という感じで対応します」→「クレーマーはそんなに簡単に引き下がらないよ?」で以降5分くらい無限ループ。

・「最近気になったニュースは?」→「○○(地元のニュース)です」→「そんな狭い地域のことじゃなくて、日本の政治経済や世界情勢等の大きな視点に立った問題には関心ないの?」

・「昨日はよく眠れましたか?」→「はい」→「大事な試験の前日によく眠れるなんて、神経が図太いか地上に受かってるからこの試験がどうでもいいのかどちらかだね?」

などなど。こちらの回答の内容よりも、いかに平静を保てるかや機転を利かせられるかを見ている感じでした。

続いてⅡの面接。
こちらは終始和やかというか、仕事を辞めた理由を聞かれた以外は「地上に受かってるなら地上に行けばいいのに」で責められたくらいで、後は「君の経歴なら地上に受かって当然」とか「1年間の努力の跡が見られるね」とかヨイショの嵐。
経歴なんて大学中退&短期職歴&高齢と、とても褒められたもんじゃないはずなのに。本気でそう思ってるなら、去年採用してくれよと思いながら終了。
こちらは何を見たいのかよく分からない面接でした。

兎にも角にも、こうして小生にとって最後の公務員試験が終わりました。
去年に比べると心に若干の余裕があった分、上手くできたのではないかと。
後は結果を待つばかり。
ようやくこれで心置きなくまったりできます。読みたい本が何冊かあるので、それを読んだりゲームをしたりしながら秋の夜長を楽しみたいと思います。

地上A日程2次試験結果

2次試験から1ヶ月あまり、遂に地上A日程の最終結果が発表されました。
A日程は、今年受けた&受ける試験の中での志望度は丁度真ん中(B日程→国大→A日程→国Ⅱ→C日程)なのです。しかし、ここまで内定ゼロの小生にとっては近々あるB日程の2次に向けて弾みをつけるためにも、是が非でも受かっておきたいところ。

それでは結果発表。









地上A日程、最終合格しましたっ!!

個別面接&小論文の不出来から、正直言って自信はなかったので、まさかの内定に小生ただただ驚くばかりです。
というわけで、本命のB日程はまだですが、これにて長きに渡った受験生活とおさらばする事が確定しました。
公務員を目指してから3度目の夏、ようやく念願叶いました。昨年のB日程不採用から1年、あの時諦めなくて良かったです。
親には親族や近所の間で肩身の狭い思いをさせただろうし、友人には愚痴や悩みを聞いて貰い、自ブログのコメントや同じように頑張っているブログを拝見することで励まされました。
『合格』という形でその恩に報いることが出来ました。本当に有難うございました。

というわけでC日程は辞退しますが、本命のB日程が終わるまで小生の受験生活はあと少し続きます。
何とかもう一つ内定を頂けるよう、最後の努力をしようと思います。

市役所B日程@3年目 1次試験結果

1次試験が終わって3週間、ようやく結果通知が来ました。
去年も受かってるし、今年の1次はここまで2勝1敗。1次で本命のラストチャンスを逃すわけにはいきません。
が、予想よりレベルの高い問題に戸惑ってしまった小生。それでもまぁ、きっと何とかなってるよと思いながら今日まで過ごして来ました。

それでは結果発表。






2年連続1次突破っ!!

何とか今年も面接まで辿りつけました。
これで一安心、かと思いきや、面接カードの締め切りが早い。これは大急ぎで取り掛からないとなりません。
1年目は筆記で敗退、2年目は面接で夢破れたB日程。今年で最後となる面接の舞台で、これまでのリベンジを果たせるよう、十分に対策を練って当日に備えたいと思います。

2度あることは3度あるのか、それとも3度目の正直なるか。
やるっきゃない。
■カウンター
■プロフィール
HN:
アキト
性別:
男性
自己紹介:
大学中退→専門進学→卒業→就職→1年で退社のダメコンボ炸裂人生を送る。
その後はフリーターだったりニートだったりして、現在に至る。
伸るか反るか、超崖っぷち高齢受験者の生き様、とくとご覧あれ!
■試験結果
1年目(2005年)
市役所B日程:1次敗退

2年目(2006年)
市役所B日程:1次突破→2次敗退

3年目(2007年)
国大法人:1次突破→
A大学:面接敗退
B大学:面接敗退
国Ⅱ:1次敗退
地上A日程:1次突破→2次突破
最終合格!
市役所B日程:1次突破→2次突破
最終合格!
市役所C日程:1次辞退
■最新記事
■最新コメント
[04/17 公務員試験ガイド管理人じん]
[06/16 buno]
[09/01 iikaa]
[03/10 匿名]
[03/04 iikaa]
■バーコード